HPCIプリポストシステム共用開始について

(2018.11.30) 

FOCUSスパコン利用者各位

平素はFOCUSスパコンをご利用いただき、誠にありがとうございます。

本日、平成30年11月30日(金)から、
「京」・HPCI利用を見据えFOCUSスパコンにて更なるステップアップを図っていただくため、
下記のとおりHPCIプリポストサーバの共用を開始いたします。
大容量メモリ(1.5TB)を搭載していますので、プリポスト作業やメッシュ作成等にご活用ください。
GUIを使ったプリポスト作業はNICE DCV (Desktop Cloud Visualization)の利用により、
(これまでのX転送よりも)高速なレスポンスでの作業環境が可能となっております。

                   記

【共用開始日】
平成30年11月30日(金) (本日)  ※現在すでに利用可能です。

【構成】
・ホスト名: hpcipps1
・搭載ソフトウェア:NICE DCV  

【ノード性能】
CPU :Intel Xeon Silver4112(2.60GHz・4コア) 2基搭載(合計8コア)
GPU :NVIDIA Quadro P4000  2基搭載
メモリ :1.536 TB
ハードディスク : 600GB (ユーザ毎に /work/gxxx/uxxxyyyy 割当)
                                                     ※ xxx=課題ID, yyyy=数字  

【利用料金】
無償  

【利用方法】
・ログイン方法
プリポスト(NICE DCV)利用の場合、SSL-VPN接続を確立のうえ、
tera-term やコマンドにてホスト名:hpcipps1 を指定してログインしてください。

・プリポスト(NICE DCV)利用に関しては手引きをご参照ください
https://www.j-focus.jp/hpcipps_guide/nicedcv_guide/
NICE DCVの同時起動数は「5」です。実行できない場合は時間を置いて再度実行してください。

・ストレージ(ローカルストレージ 600GB)
/work/gxxx/uxxxyyyy 領域をご利用ください。
ただし、全体容量は大きくありません(600GB)。
データに関しては早急に/home1や/home2等に退避いただくようお願いします。
(システムを圧迫するような大容量を利用の場合はシステムから削除する場合があります)
なお、/work 直下は書き込みできませんのでご留意ください。

・利用範囲
ユーザ毎にプロセス起動時間、メモリ、ストレージ、起動プロセス数の制限は設けておりません。
しかしながら、ログインユーザ共用で利用するシステムとなりますので、
以下のような利用は避けていただきますようお願いいたします。
 ・長時間のNICE DCV利用
   同時起動数はシステム全体で「5」です。3時間を目処に終了するようにしてください。
   (長時間占有の場合はシステムから強制終了する場合があります)
 ・長時間の複数プロセス起動(コア数は8です。長時間の並列計算はご遠慮ください)
 ・不要な/work 領域の利用(/home1や/home2等に退避してください)  

【運用状況の確認】
「HPCIプリポストシステム運用情報」にて公開いたします。
https://www.j-focus.jp/hpcipps_guide/stat/
再起動やサービスを停止する場合もありますので利用前に運用状況を確認してください。
サービス停止等は24時間前までに公開いたします(緊急の場合は除く)。  

【注意事項】
・上記【利用方法】利用範囲 の範囲内でご利用ください。
・再起動の実施やサービスを停止する場合があります。
・今後、本システムにて実行可能なバッチキューを新設する予定です。
・今後、利用状況により運用方法を変更する場合があります。
ご意見等ございましたら、OKbizからご連絡ください。

<本件に関するお問い合わせ先>
OKBizからお問い合わせください
https://secure.okbiz.okwave.jp/focus/


  • スーパーコンピュータ・ソリューションセミナー2019
  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)