事業概要

 スーパーコンピュータ「京」をはじめとするスーパーコンピュータの産業利用促進や研究支援、普及啓発など、計算科学分野の振興のために、下記の事業を行なっています。
                         



                               


京速コンピュータ「京」の産業利用の促進

 「京」を中核に、国内の主要なスパコンをネットワークで結ぶHPCIの運用が進む中、産業界にとって利用しやすい環境整備を図るため、HPCIコンソーシアムに参画し、関係機関等と緊密に連携しつつ産業界のニーズの反映・利用の支援を行っています。


普及啓発活動

 公的な研究機関や大学等と連携し、企業の経営者層や研究者・技術者を対象にしたセミナー等の開催や利用事例集の作成、また展示会等への出展や高度計算科学研究支援センターの活用により、産業界のスパコン利用の理解増進や技術向上を図っています。
                     


シミュレーション技術の普及による産業活性化

 産業利用向けのエントリーマシン「FOCUSスパコン」を活用し、企業の研究開発、ものづくり等の個別課題に応じた技術高度化支援/コンサルティングを行っています。独自のスパコンを導入しなくても、ニーズに対応した適切なサービスが利用可能です。


これらを支える専門のスタッフと最新の設備

 FOCUSスパコンの基本操作や分野別の応用、また関心の高まりつつあるAI/機械学習、ビッグデータなどの講習会により、実践的な企業技術者育成を行っています。また、新たなシステム運用・活用方法に関する研究成果の公表を通して、スパコンの有用性実証と普及に努めています。


  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)