個人情報保護について

公益財団法人計算科学振興財団(以下「財団」といいます。)は、個人の権利利益を保護するために、財団設立時から個人情報保護制度を実施しています。この制度では、財団が取り扱う個人情報を保護するため、個人情報の適正な取り扱いや個人情報の開示請求等を設けており、ホームページにおいてもこの制度に基づいた適正な取り扱いを行います。


収集の制限


財団が個人情報を収集するときは、
 ・個人情報を取り扱う事務の目的を明確にし、その目的を達成するために必要な範囲内にとどめます。
 ・適法かつ公正な手段により、原則として本人から収集します。
 ・思想、信条、信教に関する個人情報などは、原則として収集しません。


適正な管理


財団が収集した個人情報は、
 ・漏えい、滅失、き損及び改ざんを防止します。
 ・保有する必要がなくなった情報を、確実かつ速やかに廃棄又は消去します。


目的外利用・提供の制限


財団が収集した個人情報は、原則として、収集した目的以外のための目的のために財団内部で使用したり、財団外部(国、他の団体等)に提供したりしません。


個人情報の開示請求について


財団が保有している自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止の請求をすることができます。



  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ