メニュー

2022年度キュー構成

(2022.3.10)
 

2022年度共用キュー構成は以下となります。

【主な変更点】

  • Fシステム(GPU搭載)
  • 新設:24, 168時間キュー(f024h_p100,f168h_p100)
    削除:72時間キュー(f072h_p100)
  • Qシステム  
    新設:24時間キュー(q024h)

  •  

一般アカウント

システム キュー名 最長
実行時間
最大同時
ジョブ投入数
最大
ノード数
(※1)
ジョブあたり
最大ノード数
(※1)
備考
Aシステム a006m 6分 5/ユーザ 2 2 ※2
a024h 24時間 400/ユーザ 156 156  
a168h 168時間 400/ユーザ 60 60  
Bシステム b006m 6分 5/ユーザ 2 2 ※2
b024h 24時間 400/ユーザ 2 2  
b168h 168時間 400/ユーザ 1 1  
Fシステム f006m 6分 5/ユーザ 2 2 ※2
f024h 24時間 400/ユーザ 60 60  
f168h 168時間 400/ユーザ 22 22  
f006m_p100 6分 5/ユーザ 2 2 ※2, GPU搭載
f024h_p100 24時間 400/ユーザ 2 2 GPU搭載
f168h_p100 168時間 400/ユーザ 2 2 GPU搭載
Gシステム g006m 6分 5/ユーザ 4 4 ※2, デフォルトキュー
Hシステム h006m 6分 5/ユーザ 4 4 ※2
h024h 24時間 400/ユーザ 136 136  
h168h 168時間 400/ユーザ 55 55  
HPCIプリポスト p168h 168時間 3/ユーザ 1 1 無償
Qシステム q024h 24時間 400/ユーザ 1 1 AMD(64core)
Vシステム v024h 24時間 400/ユーザ 2 2 VPU搭載
v168h 168時間 400/ユーザ 2 2 VPU搭載
Wシステム w024h 24時間 400/ユーザ 1 1 VPU 8基搭載
Xシステム x024h 24時間 400/ユーザ 6 6 Arm(A64fx)機
Zシステム z024h 24時間 400/ユーザ 24 24  
z168h 168時間 400/ユーザ 8 8  

 

※1 予約状況や混雑状況等により、変更する場合があります。
※2 デバッグキュー(無償)、ただし従量制アプリの利用料は有償。
 

 (参考)デバッグキューの提供がないシステムの検証について:デバッグキューの提供がないV, W, X, Z
  システムについての検証は各々同じアーキテクチャ搭載のフロントエンドサーバをご利用ください。

 各々のフロントエンドサーバの利用範囲は以下です。
 ・ff01, ff02 (共用フロントエンドサーバ、avx512対応)
  - CPU時間 1時間 (1時間で強制終了)
  - 1プロセス
  - 1GBメモリ
 ・fvpu1, fvpu2 (V, Wシステムと同じアーキテクチャ)
  - CPU時間 1時間 (1時間で強制終了)
  - プロセス数 8プロセス(プロセス並列、スレッド並列実行、複数プロセスの起動を許容します) 
  - メモリ量 24GB程度 (ホスト、ベクトルエンジンともに)
 ・fx01, fx02 (Xシステムと同じアーキテクチャ)
  - CPU時間 1時間 (1時間で強制終了)
  - 起動プロセス数、利用メモリ量 制限なし

 上記を超える利用はバッチ実行(キューへのジョブ投入)してください。
 上記制限を超えたプロセスはシステムから強制終了する場合があります。
 コンパイル等に予想以上に時間がかかる等の理由がある場合はその旨OKBIZ.からご一報ください。
 

ISVアカウント

ISVアカウントではデバッグキューのみ利用可能です。
6分以上の実行が必要となる場合は、OKBIZ.からご相談ください。

システム キュー名 最長
実行時間
最大同時
ジョブ投入数
最大
ノード数
(※1)
ジョブあたり
最大ノード数
(※1)
備考
Aシステム a006m 6分 5/ユーザ 2 2 ※2
Bシステム b006m 6分 5/ユーザ 2 2 ※2
Fシステム f006m 6分 5/ユーザ 2 2 ※2
f006m_p100 6分 5/ユーザ 2 2 ※2, GPU搭載
Gシステム g006m 6分 5/ユーザ 4 4 ※2, デフォルトキュー
Hシステム h006m 6分 5/ユーザ 4 4 ※2

 

※1 予約状況や混雑状況等により、変更する場合があります。
※2デバッグキュー(無償)
 

講習会アカウント

講習会当日“以外”(予習・復習)はGシステムをご利用ください

システム キュー名 最長
実行時間
最大同時
ジョブ投入数
最大
ノード数
(※1)
ジョブあたり
最大ノード数
(※1)
備考
Aシステム a001h_lec 1時間 5/ユーザ 104 104 ※2
Gシステム g006m 6分 5/ユーザ 4 4 ※3, デフォルトキュー
Gシステム g001h_lec 1時間 5/ユーザ 4 4 ※3
Hシステム h001h_lec 1時間 5/ユーザ 55 55 ※2
Zシステム z001h_lec 1時間 5/ユーザ 2 2 ※2

 

※1 予約状況や混雑状況等により、最大ノード数は変更する場合があります。
※2 講習会当日(10:00-17:00)のみ利用可能。ノード利用および従量制アプリ無償。  
  (ノードの確保を保証するものではありません。確保が必要な場合は日単位予約をしてください(有償))
※3 講習会前後1週間利用可能。ノード利用および従量制アプリ無償。


  • 利用講習会@東京、名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「富岳」 利用研究課題の募集
  • ファーストタッチオプション「富岳」
  • 計算科学研究センター (R-CCS)
  • ひょうご新型コロナウイルス対策支援基金
  • こうべ医療者応援ファンド