ベクトルエンジン搭載サーバの共用開始について

(2018.6.25) 

=====(7/6 追記)====================================================

本件、共用開始が 7/17(火) に変更となりました。

詳細については以下のURLをご参照ください。

https://www.j-focus.or.jp/focus/focus_information/entry-1865.html

================================================================

 

FOCUSスパコン利用者各位

平素はFOCUSスパコンをご利用いただき、誠にありがとうございます。

7月9日(月)からベクトルエンジン搭載の共用フロントエンドおよび演算ノードの共用を開始します。

ベクトルエンジン(NEC社製のSX-Aurora TSUBASA)搭載のサーバはFOCUSスパコンシステムでは初の提供となります。
これを機に高メモリバンド幅のベクトルマシンをご活用ください。




【共用開始日】
平成30年7月9日(月)
※作業進捗により早期開始の場合があります。
その際はメールにて通知いたします。

【機器構成】
 1. 共用フロントエンド(ホスト名:fvpu1)     1台
 2. 演算ノード    (システム名:Vシステム) 2ノード

【利用について】
 ベクトル化されたソフトウェアを実行される際は、コンパイル等は共用フロントエンド(fvpu1)にて
 ジョブ実行はVシステムにて実施いただくようお願いします。


機器構成等の詳細は以下となります。

1. 共用フロントエンド(ホスト名:fvpu1)

【ホスト名】
 fvpu1

 

【ハードウェア構成】

  • 共用フロントエンド 1台

  • ノード性能

    • OS                     :  CentOS 7.3

    • ローカルストレージ  :  2TB

    • ベクトルエンジン(VE): Type 10C 1基搭載

      • core数  8

      • メモリ 24 GB

      • メモリバンド幅 0.75 TB/s

    • ベクトルホスト(VH)   :  Intel Xeon Silver 4108

      • core数 8

      • メモリ 96 GB

 

【ログイン方法】
 SSH鍵交換方式 : ログインサーバからホスト名(fvpu1)を指定してください。
 SSL-VPN接続経由: ホスト名(fvpu1)を指定してください。

 

【NECコンパイラについて】
 ・fvpu1 へログイン後、module コマンドにて PrgEnv-nec をロードしてください。
  例)$ module load PrgEnv-nec
 ・SX-Aurora TSUBASA C/C++ および fortran ユーザーズガイドをポータルサイトにて公開しております。
   FOCUSスパコン利用ポータルサイト(要・SSL-VPN接続)
  「ソフトウェアマニュアル」
   https://portal.j-focus.jp/focus/app/common/page/view?id=softwaremanual

 

【利用範囲】
 共用フロントエンドサーバでは、プログラムの開発、小規模な解析・デバッグ、小規模なプリポスト処理の実行が許可されます。
 fvpu1における、1ユーザーあたりの利用範囲は、既存共用フロントエンドサーバ(ff01/ff02/fgpu1)と若干異なり以下となります。

  • CPU時間   1時間  (1時間で強制終了となります)
  • プロセス数 8プロセス(プロセス並列、スレッド並列実行、複数プロセスの起動を許容します)
  • 利用メモリ 24GB程度 (ホスト、ベクトルエンジンともに)

 上記範囲を越える場合は、バッチ処理により演算ノード上でジョブを実行してください。

 

【利用料金】無償

 

2. 演算ノード(システム名:Vシステム)

【システム名】
 Vシステム

 

【ハードウェア構成】

  • Vシステム 2ノード(各ノードベクトルエンジン1基搭載)
  • ノード性能
    • OS                      :  CentOS 7.3
    • ローカルストレージ   :  240 GB (SSD)
    • インタコネクト         :  InfiniBand FDR (56Gbps)
    • ベクトルエンジン(VE):  Type 10B 1基搭載
      • core数 8
      • 倍精度理論演算性能  2150 GFlops
      • メモリ 48 GB
      • メモリバンド幅 1.2 TB/s
    • ベクトルホスト(VH)      :  Intel Xeon Gold 6148
      • core数 20
      • 倍精度理論演算性能  1024 GFlops
      • メモリ 96 GB

 

【キュー構成】

キュー名 v006m※ v024h v072h
最大ジョブ投入数 5 2000 2000
最長実行時間 6分 24時間 72時間
最大ノード数 2ノード 2ノード 2ノード

※デバッグキュー(無償)

 

【利用料金】Vシステム
 従量利用 : 1ノード・時間あたり   500円(税別)
     ※デバッグキューからの利用は無償です。
 占有利用 : 現状、占有利用は承っておりません。
  ご要望ありましたらOKBizからご相談ください。

 

【NECコンパイラについて】
 ・NECコンパイラにてコンパイルされたバイナリを実行する場合は、実行スクリプトに以下を記載し、NECコンパイラ用環境変数をロードしてください。
 例)module load PrgEnv-nec

===========================

<本件に関するお問い合わせ先>
OKBizよりお問い合わせください
https://secure.okbiz.okwave.jp/focus/


  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 利用講習会@つくば
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)