2019年度キュー構成

2019年度共用キュー構成は以下となります。
【主な変更点】
○A,B,D,E システム長時間キューを72時間から168時間に延長
○Cシステムの提供停止に伴い該当キューを削除

一般アカウント

システム

キュー名

最長実行時間

最大同時ジョブ投入数

最大ノード数
※1

ジョブあたり
最大ノード数(
※1

備考

Aシステム

a006m

6

5/ユーザ

2

2

※2

a024h

24時間

2000/ユーザ

208

208

 

a168h

168時間

2000/ユーザ

32

32

 

Bシステム

b006m

6

5/ユーザ

2

2

※2

b024h

24時間

2000/ユーザ

2

2

 

b168h

168時間

2000/ユーザ

1

1

 

Dシステム

d006m

6

5/ユーザ

2

2

※2

d024h

24時間

2000/ユーザ

80

80

 

d168h

168時間

2000/ユーザ

40

40

 

Eシステム

e006m

6

5/ユーザ

2

2

※2, ※3, Phi 1基搭載

e168h

168時間

2000/ユーザ

24

24

※3, Phi 1基搭載

Fシステム

f006m

6

5/ユーザ

2

2

※2, GPU搭載

f024h

24時間

2000/ユーザ

60

60

 

f072h

72時間

2000/ユーザ

32

32

 

f072h_p100

72時間

2000/ユーザ

2

2

GPU搭載

Gシステム

g006m

6

5/ユーザ

4

4

※2, デフォルトキュー

Hシステム

h006m

6

5/ユーザ

4

4

※2

h024h

24時間

2000/ユーザ

136

136

 

h072h

72時間

2000/ユーザ

102

102

 

HPCIプリポスト

p072h

72時間

2000/ユーザ

1

1

 

Vシステム

v006m

6

5/ユーザ

2

2

※2

v024h

24時間

2000/ユーザ

2

2

 

v072h

72時間

2000/ユーザ

2

2

 

※1 予約状況や混雑状況等により、変更する場合があります。
※2 デバッグキュー(無償)、ただし従量制アプリの利用料は有償。
※3 節電のため縮小運転。より多くのノード利用を希望される場合はOKBiz(https://secure.okbiz.okwave.jp/focus/)にて技術質問からご相談ください。


ISVアカウント

ISVアカウントではデバッグキューのみ利用可能です。
6分以上の実行が必要となる場合は、OKbizからご相談ください。

システム

キュー名

最長実行時間

最大同時

ジョブ投入数

最大ノード数
※1

ジョブあたり
最大ノード数(
※1

備考

Aシステム

a006m

6

5/ユーザ

2

2

※2

Bシステム

b006m

6

5/ユーザ

2

2

※2

Dシステム

d006m

6

5/ユーザ

2

2

※2

Eシステム

e006m

6

5/ユーザ

2

2

※2, ※3, Phi 1基搭載

Fシステム

f006m

6

5/ユーザ

2

2

※2, GPU搭載

Gシステム

g006m

6

5/ユーザ

4

4

※2, デフォルトキュー

Hシステム

h006m

6

5/ユーザ

4

4

※2

Vシステム

v006m

6

5/ユーザ

2

2

※2

※1 予約状況や混雑状況等により、変更する場合があります。
※2 デバッグキュー(無償)
※3 節電のため縮小運転。より多くのノード利用を希望される場合はOKBiz(https://secure.okbiz.okwave.jp/focus/)にて技術質問からご相談ください。


講習会アカウント

講習会当日“以外”(予習・復習)はGシステムをご利用ください

システム キュー名 最長実行時間 最大同時ジョブ投入数 最大ノード数
(※1)
ジョブあたり
最大ノード数
(※1)
備考
Aシステム a001h_lec 1時間 5/ユーザ 96 96 ※2
Fシステム f001h_lec 1時間 5/ユーザ 16 16 ※2
Fシステム f001h_p100_lec 1時間 5/ユーザ 2 2 ※2, GPU搭載
Gシステム g006m 6分 5/ユーザ 4 4 ※3, デフォルトキュー
Gシステム g001h_lec 1時間 5/ユーザ 4 4 ※3
Hシステム h001h_lec 1時間 5/ユーザ 68 68 ※2

※1 予約状況や混雑状況等により、変更する場合があります。
※2 講習会当日(10:00-17:00)のみ利用可能。ノード利用および従量制アプリ無償。
(ノードの確保を保証するものではありません。確保が必要な場合は日単位予約をしてください(有償))
※3 講習会前後1週間利用可能。ノード利用および従量制アプリ無償。


  • スーパーコンピュータ・ソリューションセミナー2019
  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)