状態確認コマンドにおける一部表示の変更について

FOCUSスパコン利用者各位

平素よりFOCUSスパコンシステムをご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

先般(1月5日)実施いたしましたメンテナンス作業におけるジョブ管理システムSLURMの設定変更により、
状態確認コマンド(squeue)の出力表示の一部が変更されております。

長時間キュー(a096h,b096h,c096h,d072h,e072h)及びデバッグキュー(debug6m)に投入したジョブが空きノード待ちと
なった場合にジョブ状態確認コマンドを実行すると、出力のNODELIST(REASON)欄には、

(InvalidQOS)

と表示されるように変更されております。
これは従来の (Resources) に相当し、ノードが空き次第、投入されたジョブは実行されます。
上記以外のキュー(a024h等)については表示の変更はありません。


【squeue コマンド出力例】
$ squeue
JOBID PARTITION       NAME       USER ST       TIME NODES  NODELIST(REASON)
12345      d072h      test01     utst0001 PD       0:00     1  (InvalidQOS)


以上、よろしくお願いいたします。

<本件に関するお問い合わせ先>
OKBizよりお問い合わせください
https://secure.okbiz.okwave.jp/focus/
OKBiz利用方法
http://www.j-focus.jp/faq_guide/


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ