Eシステム搭載Xeon Phiに係る運用の変更について

FOCUSスパコン利用者各位

 平素はFOCUSスパコンをご利用いただき、誠にありがとうございます。

5月18日、Eシステムの一部のノードについてXeon Phiの提供を停止する旨のお知らせをしましたが、
このたび計画を見直し1基を稼働することにしましたので、改めてご案内します。
 (参考)Eシステム搭載のXeon Phi 一部利用停止のお知らせ(5月18日)
  http://www.j-focus.or.jp/focus/focus_information/entry-1155.html

今後Eシステムの一部のノードについて、1ノードあたり4基搭載している
Xeon Phiのうち3基を停止し1基稼働として運用します。
これに伴いEシステムのキュー構成を下記のとおりに変更済みです。
キュー名は既報のとおり変更ありません。

【Eシステムキュー構成】
キュー名                    e024h_phi          e024h           e072h
Xeon Phi利用                    可                 可              可
Xeon Phi稼働数                 4基(240コア)    1基(60コア)    1基(60コア)

最長実行時間                  24時間             24時間          72時間
提供最大ノード数(※)           4                  44              24
ジョブあたり最大ノード数(※)    4                  16              8
最大ジョブ投入数                無制限       無制限       8/ユーザ
(※ 最大ノード数は計算資源の予約状況によって変動します。)


【注意事項】
・Xeon Phi 4基(240コア)をご利用のジョブは「e024h_phi」へ投入してください。
・Xeon Phi 1基( 60コア)をご利用のジョブは「e024h」、「e072h」へ  投入してください。
・Xeon Phi 4基稼働のノードを4ノード以上で利用希望の場合は計算資源占有予約を していただくか、
  業務運用グループまでOKbizにてご相談ください。
・Eシステムの各キューにはXeon Phiを利用しないジョブ投入も可能です。
・Xeon Phiの利用有無による利用料金の違いはありません。


 <本件に関するお問い合わせ>
  FOCUSスパコンお問い合わせシステム OKbiz
  https://secure.okbiz.okwave.jp/focus


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ