日本機械学会 関西支部 第363回講習会「応力計測の基礎とその応用(デモンストレーション付き)」

開催概要

機械・構造物の設計には、小型・軽量化・低コスト化とともに、性能の維持と安全性・信頼性の確保が重要です。また強度設計や安全性評価のためには、実際の機械・構造物に作用する応力やひずみの正確かつ効率的な計測が求められます。本講習会では、応力・ひずみに関する一般的な計測手法から、光、X線、赤外線、デジタル画像相関を用いた非接触式手法、動的・局所領域計測手法まで、各手法の原理、特徴、適用時の留意点について、計測事例の紹介やデモンストレーションも交えて、解説します。


【日 時】
2019年10月24日 (木) ~ 10月25日 (金)
 時間は詳細参照
【会 場】
大阪科学技術センター 8階 中ホール
【定 員】
100名
【参加費】
有料。参加形態により異なります。
 
会場へのアクセス

【主 催】 一般社団法人日本機械学会 関西支部
【協 賛】 公益財団法人計算科学振興財団(FOCUS)
 
申込締切

2019年10月17日 (木) (締切り後でも定員に余裕があれば受付可)
  

詳細・お申し込み

プログラム等の詳細はこちらをご覧ください。
 

お問合せ
一般社団法人日本機械学会 関西支部  メールはこちら
  • スーパーコンピュータ・ソリューションセミナー2019
  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)