兵庫県マテリアルズ・インフォマティクス講演会「放射光×マテリアルズ・インフォマティクス:その現状と展望」

開催概要
【日 時】
2018年2月16日 (金)
 13:30 ~ 17:00
【会 場】
大阪大学 産業科学研究所 講堂(大阪府茨木市美穂ヶ丘)
【定 員】
80名
【参加費】
無料
 
会場へのアクセス 
・交流会(17:30~19:00)は会費2,000円(予定)
 
※計算科学振興財団(FOCUS)は、本講演会を協賛いたします。
プログラム

理論、計測、計算科学、情報科学を融合活用するマテリアルズ・インフォマティクスの概要と現状を
わかりやすく紹介します。また兵庫県が目指す産業利用構想、放射光データ解析への応用、企業が抱く
マテリアルズ・インフォマティクスへの期待や夢についての各話題を講演で紹介します。


13:30~13:35開会挨拶
兵庫県科学情報局長  落合 正晴
13:35~13:55物質・材料研究機構(NIMS)と兵庫県の連携による取組
兵庫県立大学放射光ナノテクセンター  横山 和司
13:55~14:55マテリアルズ・インフォマティクスの概要と現状   
大阪大学産業科学研究所、物質・材料研究機構  小口 多美夫
14:55~15:15休憩
15:15~16:15計測データ等の機械学習の必要性(仮)
高輝度光科学研究センター  水牧 仁一朗
16:15~16:55マテリアルズ・インフォマティクスに期待すること(仮)
株式会社富士通研究所 土井 修一
16:55~17:00閉会挨拶
物質・材料研究機構 情報統合型物質・材料研究拠点長  伊藤 聡
17:30~19:00交流会

 
【主  催】 兵庫県(兵庫県次世代材料開発研究会)、(国研)物質・材料研究機構 情報統合型物質・材料研究拠点
【共  催】 大阪大学 産業科学研究所、兵庫県立大学 産学連携・研究推進機構
【協  賛】 SPring-8利用推進協議会、計算科学振興財団(FOCUS)
     

お申込み/お問合せ先

講演会の詳細とお申し込みにつきましては、こちらをご覧ください。


  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)