第11回トップセミナー ~ビジネスチャンスを創出し産業の未来を拓くスーパーコンピュータ~

開催概要
【日 時】
2019年2月7日 (木)
 13:00 ~ 17:00
【会 場】
グランフロント大阪 ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター ルーム2+3
【定 員】
100名
【参加費】
無料
【対 象】 企業の経営者層・技術部門長など(役職に関わらず参加できます)
      ※専門家向け技術講演ではありません。

【備 考】 ・当日の受付開始時間 12:30
      ・会場へのアクセスこちら (大阪市北区大深町3-1)
  
【主 催】 公益財団法人計算科学振興財団
【後 援】 文部科学省、経済産業省、国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センター、
       一般財団法人高度情報科学技術研究機構、一般社団法人HPCIコンソーシアム、
       東京大学生産技術研究所、一般社団法人日本経済団体連合会、日本商工会議所、
       公益社団法人関西経済連合会、スーパーコンピューティング技術産業応用協議会、
       特定非営利活動法人バイオグリッドセンター関西

開催趣旨

 弊財団が運用する「FOCUSスパコン」の累計利用法人数は290法人を超え、産業界のスパコン利活用が着実に広まっており、近年話題の「ビッグデータ」や「AI」などの分野でもスパコンの利活用が進んでいます。
 「京」は11月発表の「Graph500」で8期連続の世界1位となり、ビッグデータ解析に関して世界トップクラスの性能を有することが実証されました。また、2021年頃に稼働予定のポスト「京」は世界トップレベルの汎用スパコンとして更なる進化を目指します。
 このスパコンによる技術革新の潮流を企業の経営者層や技術部門トップの方々により深くご理解いただき、イノベーションや新産業創出の一助としていただくことを目的とし、本セミナーを開催いたします。
 

プログラム
13:00~13:20挨 拶主催者挨拶
来賓挨拶
13:20~14:30基調講演「世界トップのがんゲノム研究が生まれるスーパーコンピュータとその運用」
宮野 悟 氏
東京大学 教授
医科学研究所ヒトゲノム解析センター長
14:30~14:50休 憩
14:50~15:45講演Ⅰ「現代の錬金術 ~高性能PGM(白金族)合金の開発戦略~」
北川 宏 氏
京都大学 副プロボスト、理事補(研究担当)
大学院理学研究科 教授
15:50~16:45講演Ⅱ「脳科学に基づく感性イノベーション ~感性を活かした新たなものづくりのために~」
農沢 隆秀 氏
広島大学 感性イノベーション研究推進機構 機構長
マツダ株式会社  技術研究所 技監

 
■ 講師紹介/講演概要(概要全文はPDFを御覧ください)
【基調講演】
がんは生命のプログラムであるゲノムに変異が入ってシステム異常を起こした極めて複雑な細胞集団で変幻進化します。日本人の約半分の方が人生においてがんに直面し、死因の3分の1が、がんです。2007年頃からゲノム解析に・・・


 
【 講 演Ⅰ】
現在、レアメタルはほとんどの製造業で不可欠な存在となっているが、その希少性や価格の高騰などの問題から新たな代替材料やその性能の向上が益々必要とされ「元素戦略」の重要性が指摘されている。しかし、合金には従来の金属工学ではどう工夫しても・・・


 
【講 演Ⅱ】
クルマは、車体にエンジン等の装置がついた、機械そのものです。しかし、人が運転すると、クルマはあたかも感性を持ったかのように、人にいろいろな思いを抱かせてくれます。このようなクルマを開発するには、ドライバーや同乗者の感性に呼応する設計が必要になり・・・


 
■ 講演資料
PDFファイルをご覧いただくためには開封パスワードの入力が必要ですが、パスワードの公開はセミナーお申込者のみと
させていただいております。
セミナーをお申込みの方は、以下の内容をこちらにご連絡いただければ、折返しパスワードを連絡いたします。
 件名は「セミナー資料パスワード」としてください。
 ご連絡内容:①所属 ②お名前 ③連絡先




 

展示

セミナー会場にてスーパーコンピュータ「京」やポスト「京」、スパコンの産業利用等に関する展示を行います。
展示時間12:30~セミナー終了時間

【出展機関】 国立研究開発法人理化学研究所 計算科学研究センター(R-CCS)
         一般財団法人高度情報科学技術研究機構(RIST)
         FOCUSの展示もございます。

お申込み

受付は終了いたしました。

お申込み締め切り

2019年2月4日(月)

お問い合わせ先

公益財団法人計算科学振興財団 普及促進グループ
TEL:078-599-5024
FAX:078-303-5611
Email:top-seminar[at]j-focus.or.jp  ([at]を@に変更して下さい)


 
◆前回の模様は、第10回トップセミナーをご覧ください。


  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 利用講習会@つくば
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)