日本機械学会 関西支部 第361回講習会「構造・強度設計における数値シミュレーションの基礎と応用」

開催概要

近年ますます複雑化する機械構造物の挙動を把握し、設計の合理化や期間短縮を図るために、数値シミュレーション技術が幅広く
適用されています。目的に合った精度のシミュレーション結果を得るためには、対象物の構造・強度・現象を本質的に理解し、適正に
モデリングすることが不可欠です。本講習会では、構造・強度設計に係る数値シミュレーションに不可欠な基礎知識や理論を分かり
易く解説するとともに、産業界における種々の適用例を基に、モデリングや結果の妥当性を考える上での留意点や勘所を具体的に
説明します。


【日 時】
2019年5月28日 (火) ~ 5月29日 (水)
 時間は詳細参照
【会 場】
大阪科学技術センター 8階 中ホール
【定 員】
100名
【参加費】
有料。参加形態により異なります。
 
会場へのアクセス

【主 催】 一般社団法人日本機械学会 関西支部
【協 賛】 公益財団法人計算科学振興財団(FOCUS)
 
申込締切

2019年5月21日 (火) (締切り後でも定員に余裕があれば受付可)
  

詳細・お申し込み

プログラム等の詳細はこちらをご覧ください。
 

お問合せ

一般社団法人日本機械学会 関西支部 事務局
 メールはこちら


  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)