メニュー

遠隔インタラクティブ講義「計算生命科学の基礎9」

開催概要

生命科学分野では、次々と新しい計測方法が開発され、ゲノム情報を始め、タンパク質の立体構造から脳の活動状態を表すfMRIなど膨大かつ様々なデータが生み出されており、特に、機械学習に代表されるAIによるデータ駆動的なアプローチに大きな期待が寄せられています。生命科学におけるデータサイエンス、それが計算生命科学です。そのカバーする領域は非常に幅広く、物理、化学、生物学、数学、情報科学といった異なるバックグランドの知識が必要です。本講義では、未来の医療、創薬へつながる生命科学のデータサイエンスやシミュレーション技術について、第一線で活躍されている先生に基礎から応用までをご講演頂きます。そして、受講者に異分野間の接点や融合研究の面白さを感じて頂くことと同時に、この学際的研究分野で活躍する人材育成に寄与することを目指しています。


【日 時】
2022年10月5日 (水) ~ 2月1日 (水)
 17:00 ~ 18:30
【会 場】
遠隔講義(配信会場:神戸大学計算科学教育研究センター)
【参加費】
無料
 
※毎週水曜日、全15回の講義です。一部、配信曜日、時間の変更があります。詳細案内でご確認ください。 

配信会場:神戸大学計算科学教育研究センター セミナー室208 アクセス
※ただし、講師所属先からの直接配信の日は会場での開催はありません。
講義前日に届くメール記載のURLにログインすればどこからでも受講可能です(Zoomを使用します)。
また、一部の講義は配信会場での受講も可能です(定員:15名)。講師へ直接質問する機会もございますので、会場開催のある日は、ぜひ配信会場でもご受講下さい。(密になることは殆どありません)

 
【対 象】 大学生、大学院生、ポスドク、大学教員、研究所・企業の研究者

【講義内容】3部構成
第1編 生命科学のためのデータサイエンスの基礎
第2編 構造生命科学のための理論・シミュレーション技術
第3編 未来をみすえた医療、創薬への応用 
 
 
【共 催】 神戸大学大学院システム情報学研究科 計算科学教育研究センター、神戸大学バリュースクール、医薬基盤・健康・栄養研究所、京都大学大学院医学研究科ビッグデータ医科学分野、計算科学振興財団、日本生物学的精神医学会、兵庫県立大学データ計算科学連携センター、一般社団法人ライフインテリジェンスコンソーシアム、理化学研究所 計算科学研究センター、量子科学技術研究開発機構

【後 援】 兵庫県、神戸市、NPO法人バイオグリッドセンター関西、神戸医療産業都市推進機構、日本薬学会
 
【企画協力】CBI学会、日本バイオインフォマティクス学会
 

詳細/お申し込み


  • 利用講習会@東京、名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「富岳」 利用研究課題の募集
  • ファーストタッチオプション「富岳」
  • 計算科学研究センター (R-CCS)
  • ひょうご新型コロナウイルス対策支援基金
  • こうべ医療者応援ファンド