メニュー

2024年度第1回産業用クラウドスパコン利用推進協力会(賛助会員交流会)開催のご報告

去る2024年5月29日、2024年度第1回産業用クラウドスパコン利用推進協力会(賛助会員交流会)を開催しましたので、ご報告いたします。

賛助会員交流会は今回久しぶりに完全対面型のプログラムとし、会場では活発な議論と交流が行われました。
参加者の皆様におかれましては、改めてご参加の御礼申し上げます。

ディスカッションのパートで頂戴した貴重なご意見等は、富岳や富岳NEXT時代に向けた新たな制度設計に活用いただけるよう、文部科学省・理化学研究所・高度情報科学技術研究機構(RIST)にFOCUSが責任を持って伝達いたします。
 

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:




 
≪ プログラム ≫


 【主な内容】
1.FOCUSから
「CAE/HPC/AIに向けて強化したFOCUSスパコン新Sシステムについての情報提供」
共用専門員/CTOの西川より2023年12月から提供しているSシステムの詳細についてご紹介しました。
また事前にご案内はしていませんでしたが、富岳NEXTを見据えた今後10年のFOCUSスパコン整備に関するロードマップについてお話しさせていただきました。
クローズドな賛助会員交流会ならではのとっておきの情報を提供いたしました。

2.ディスカッション
「本音で語ろうHPCIとHPCクラウドの課題」
まずはじめにFOCUSから現状のHPCI、HPCクラウドの概要についてお話しし、その後参加者の皆様の富岳等のご利用状況を踏まえディスカッションいただきました。
主に言及、意見のあった点は以下のとおりです。
 ・「富岳」等利用前の社内承認/セキュリティチェックについて
 ・「富岳」で性能を出すための苦労
 ・「富岳」コンパイラについて
 ・「富岳」ノード性能について
 ・運用中に変更される「富岳」のシステム構成
 ・有償利用移行への壁
 ・「京」から「富岳」で良くなったこと

3.スーパーコンピュータ「富岳」見学

4.懇親会
 
なお、参加者アンケートの結果は、別途、賛助会員向けの資料にて報告いたします。
 

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:
 

本交流会は、賛助会員の皆様の交流・情報交換やFOCUSへのご意見を頂戴する場として今後も定期的に開催するとともに、「富岳」をはじめとするHPCIが産業界にとって利用しやすい制度となるよう、産業界の意見聴取・集約や提言等に積極的に取り組んでまいります。
賛助会員企業の皆様におかれまして今後ともFOCUS活動への支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

また引き続き賛助会員の新規募集を行っております。ご興味のある方はぜひお気軽にお声がけください。
賛助会員交流会への参加資格以外にも様々な特典をご用意しております。
FOCUS賛助会員のご案内


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「富岳」 利用研究課題の募集
  • ファーストタッチオプション「富岳」
  • 計算科学研究センター (R-CCS)