メニュー

令和4年度新型コロナウイルスを含む感染症対応HPCI臨時公募について

高度情報科学技術研究機構(理事長 田島保英)は、文部科学省委託事業「HPCIの運営」代表機関として、HPCIシステム構成機関の協力を得て「富岳」を除くHPCI共用計算資源を用いた「新型コロナウイルスを含む感染症対応HPCI臨時公募課題」を令和4年度も募集することとし、4月14日(木)から随時申請を受け付けています。
 
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)等の対策においては、「治療」「防疫」「創薬」「感染拡大に関わる分析・予測」など広範な研究が急務であり、スーパーコンピュータの持つ高速な計算能力、大規模なデータ処理能力の活用が期待されています。
 

・計算資源量: 各計算資源によって異なります。下記の募集詳細ページをご覧ください。
・利用期間: 最長1年間(年度を跨いでの利用は認められません。)
 ※最長利用期間は各計算資源によって異なります。下記の募集詳細ページをご覧ください。
・利用料金: 無償
 
是非ともこの機会にHPCI共用計算資源をご利用ください。
 

 
募集に関する詳細はこちらをご覧ください。
 
なお、「富岳」を利用する研究課題についても、令和4年度B期募集において一般課題の重点分野に「感染症対策に資する研究開発」を設定し、感染症対策を推進する課題を募集中です。詳細はこちらをご覧ください。
 
HPCI申請支援システム ログインはこちら  
 


  • 利用講習会@東京、名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「富岳」 利用研究課題の募集
  • ファーストタッチオプション「富岳」
  • 計算科学研究センター (R-CCS)
  • ひょうご新型コロナウイルス対策支援基金
  • こうべ医療者応援ファンド