2019年度第1回産業用クラウドスパコン利用推進協力会(賛助会員交流会)開催のご報告

「2019年度第1回産業用クラウドスパコン利用推進協力会(賛助会員交流会)」 を、8月7日(水) 神戸国際会館にて開催
いたしました。
今回21名の方にご参集いただきました。  

 * 只今 「2019年度FOCUS賛助会員 」 を募集しております。
     詳しくは、こちら をご覧下さ
い。

           

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・





 
≪ プログラム ≫


 
≪ 内  容 ≫  

1. 講演

 □理化学研究所 計算科学研究センター 広報グループ  辛木 哲夫 様
   「スーパーコンピュータ「富岳」への期待」と題し、スーパーコンピュータ「京」の役割とこれ迄の成果を概括し、それらを踏まえて
   「京」の後継機「富岳」の目標、armアーキテクチャの特徴やコ・デザインに基づく開発・製品化状況並びに「富岳」におけるAI/デー
   タサイエンス等の新しい応用領域に関する最新情報や話題を提供いただきました。  

 【事例講演】
 今回の賛助会員交流会では「企業における数値解析の取り組み」をテーマに2名の方に事例発表していただきました。

 □事例講演1:パナソニックエコシステムズ株式会社  重森 正宏 様
   「プロペラファン最適化設計の取組 連成解析の適応事例」と題し、換気扇の翼形状の最適化で高効率・低騒音化の実現、天井扇
   においては運転時の大型樹脂羽根の変形を考慮したCFD―構造解析の連成解析で精度の向上実現や天井扇の運転中変形を
   考慮した風速分布・風量を検討、その結果目標形状・変形形状のCFD解析適応が可能となった事などを報告して戴きました。  

 □事例講演2:株式会社ニチリン  奥山 信輔 様
   「ニチリンにおけるCAEへの取り組み~OpenFOAMとFOCUSスパコン活用事例~」と題し、これ迄のCAEの取り組みを概括後、各
   種製品ホースの解析で商用ソフトを活用した成果を紹介された。さらに熱流体解析を手掛けるにあたり、アプリのライセンス料が
   掛からない魅力でOpenFOAMによる自社解析を実施された。 OpenFOAM利用に当り、初期の苦労話しやベンダ/コミュニティの
   活用等、本経験で確立した検討手順を社内基本手順とされる事などを報告して戴きました。

 
  講演後のディスカッションでは、商品開発に当っての技術的課題や利用環境の整備に対し、解析ツールの選択(商用/オープン
  ソースの採用評価)、新たな解析手法の採用(多目的最適化、連成解析等)や実験とシミュレーション値の検証等、両社のCAE
  取り組み事例をもとに活発な意見交換を行うことができました。
  いずれも参加者にとって示唆に富む事例であり、最新の解析手法・運営に関する知見を得られたものと考えます。


2. 財団からの情報提供
 「新時代に向けたFOCUSの事業展開について」と題し、活動実績やFOCUSスパコン利用状況、人材開発等教育事業への注力や
 「富岳」運用に向けた事業展開等についてご紹介しました。

 
3.別会場にて会員様・財団との情報交換等にご活用いただくネットワーキングの場を設けました。
  殆どの参加者が残られ、なごやかな中にも活発な相互交流・情報交換となりました。
 
 
:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・                              
今後も賛助会員・講師の皆様の交流・情報交換やご意見を頂戴する場として本会を定期的に開催するとともに、産業界の意見聴取・集約や提言等に積極的に取り組んでまいります。
   



 


  • スーパーコンピュータ・ソリューションセミナー2019
  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)