平成30年度第2回産業用クラウドスパコン利用推進協力会(賛助会員交流会)開催のご報告

平成31年2月21日(木)に「平成30年度第2回産業用クラウドスパコン利用推進協力会(賛助会員交流会)」をTKP品川カンファレンス
センターにて開催いたしました。 今回16名の方にご参集いただきました。

  ※只今「2019年度FOCUS賛助会員」を募集しております。 
    詳しくはこちらをご覧ください。

                                      

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・





 
プログラム


 
≪ 内  容 ≫

1.ご講演

今回の賛助会員交流会では、「オープンソースソフトの実利活用に向けて」をテーマに、利用ユーザ/ベンダー/開発者の立場から、
3名の方にご講演いただきました。

 Ⅰ CAE懇話会 副理事長 Open CAE研究会 辰岡 正樹 氏
  「Open CAEの企業における活用のための研究会活動について」と題し、研究会の活動の内容と企業における活用状況について
  自身の職歴を交えて紹介いただきました。
  Salome-Meca活用研究会での活動後、 2018年度からは各種OpenCAEソフトウェアを企業において実践に使うための情報交換の
  場の提供を目的としたOpenCAE研究会の活動を報告いただきました。

 Ⅱ 株式会社CAEソリューションズ コーディネーター  吉野 孝 氏
  「オープンソースCFDの歴史と展望」と題し、ソフトベンダーの立場からOpenFOAMの発展経緯、OpenFOAMの特徴と意義の解説、
  ならびにHelyxをベースにしたサポート・サービスビジネスを中核としたオープンソフトへの取り組みについて紹介いただきました。

 Ⅲ 東京大学 新領域創成科学研究科 教授  奥田 洋司 氏
  「FrontISTRとFrontISTR Commons紹介」~並列FEM(有限要素法)オープンプログラムであるFrontISTRの社会実装~と題し、
  構造問題や流体問題などに広く適用が可能なオープンソースとして開発された国プロジェクト成果であるFrontISTRの基盤技術や
  産業界で役立てるためのコンソーシアム「FrontISTR Commons」について紹介いただきました。

講演後の参加企業様や講演者とのディスカッションでは、オープンソースソフトウエアの社会実装のための普及・浸透に不可欠な
コミュニティ/コンソーシアムの確立と活動の持続性にフォーカスして、利用者/ベンダー/開発者の立場から意見交換いただきました。

2.会員の皆様への情報提供
  ・ベンダー企業(賛助会員)よりのプレゼン
  ・財団から来期FOCUSスパコン情報の提供

3.別会場にて会員様・財団との情報交換等にご活用いただくネットワーキングの場
 

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・   

今後も賛助会員・講師の皆様の交流・情報交換やご意見を頂戴する場として、本会を定期的に開催するとともに、
「京」をはじめとするHPCIが産業界にとって利用しやすい制度となるよう、産業界の意見聴取・集約や提言等に積極的に
取り組んでまいります。                          



 


  • スーパーコンピュータ・ソリューションセミナー2019
  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)