第2回 PHASE/0 利用講習会 : 基礎編

【日 時】 2014年8月20日(水)10:30-17:00
【場 所】 東京大学生産技術研究所 As棟中セミナー室4(As311-312室)
【対 象】 これからPHASE/0を使ってバンド計算に取り組みたいとお考えの方
【費 用】 無料 ※ 但し事前登録が必要です。

※ 計算科学振興財団は、「第2回PHASE/0 利用講習会 : 基礎編」を後援いたします。
  詳細は、以下の通りです。


======================================================================================================

第2回 PHASE/0 利用講習会 : 基礎編

https://azuma.nims.go.jp/events/semi2014/semi20140820

======================================================================================================

主 旨

本センターで実施された「イノベーション基盤シミュレーションソフトウェアの研究開発」プロジェクトの成果物の一つである第一原理電子状態計算ソフトウェアPHASEは、現在、PHASEシステム研究会を中核として、引き続き開発改良が行われています。この度、並列性能の向上など既存機能の改良に加えて新規機能を搭載した、プロジェクト終了後最初となるバージョンを公開し、これに伴い名称を「PHASE/0」と改名いたしました。
既存ユーザーの方に最新の成果をご活用いただきたいのはもちろんですが、今後さらに多くの方々にPHASE/0を利用していただきたいと考え、初心者を対象とした利用講習会を企画しました。講義と実習を組み合わせて、初めての方が理解できるよう工夫したプログラムを用意してお待ちしております。実習にはFOCUSスパコンシステムを利用した計算実行が含まれていますので、実用的な電子状態解析まで体験できます。(利用講習会の関西での開催のご要望にお応えして、2014年11月頃に神戸で開催する予定です。)

【日 時】 2014年8月20日(水)10:30-17:00
【場 所】 東京大学生産技術研究所 As棟中セミナー室4(As311-312室)
【対 象】 これからPHASE/0を使ってバンド計算に取り組みたいとお考えの方
【費 用】 無料 ※ 但し事前登録が必要です。
【定 員】 20名程度

PHASEシステムの普及を目的とした講習会ですので、参加申請者が定員を超える場合、一組織からの参加は一名に限らせてもらうことがございます。また同じ理由から、利用経験の豊富な方には参加のご遠慮をお願いすることがございますので、予めご了承下さい。

プログラム

10:30-10:35 主催者挨拶
10:35-11:15 PHASE/0の機能紹介、第一原理バンド計算入門(講義) 
11:15-12:00 PHASE/0による計算実習
12:00-13:00 昼休み 
13:00-15:30 PHASE/0による計算実習
15:30-15:45 休憩
15:45-17:00 FOCUSを使ったPHASE/0計算実行(グループ実習)

申込み

  次のURLからお申込み下さい。
  https://azuma.nims.go.jp/events/semi2014/semi20140820

  【〆 切】 2014年8月6日(水)

注意事項

  本講習会では実習を行うため、参加者自身でノートパソコンをご用意ください。

  要求スペック:Windows7もしくは8が動作すること(32bit可)

<PHASE/0について>

   PHASE/0は、密度汎関数理論に基づく擬ポテンシャル法による平面波基底の 第一原理電子状態計算プログラムです。
   全エネルギー、電荷密度分布、 電子の状態密度、バンド構造、安定な原子構造、などの計算ができます。
   (URL: https://azuma.nims.go.jp をご参照下さい)


【主 催】 東京大学生産技術研究所革新的シミュレーション研究センター
【共 催】 物質・材料研究機構理論計算科学ユニット、PHASEシステム研究会
       特定非営利活動法人物質材料科学ソフトウェア研究会
【後 援】 公益財団法人計算科学振興財団(FOCUS)
【協 力】 株式会社アスムス、みずほ情報総研株式会社


  • スーパーコンピュータ・ソリューションセミナー2019
  • 利用講習会@東京
  • 利用講習会@名古屋
  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 賛助会員募集中
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究センター (R-CCS)