普及・啓発活動

セミナー等の開催

研究者・技術者を対象としたシミュレーション技術の向上を図るためのセミナー、そして、企業の若手技術者や将来の技術者(理系学生・高専生など)を対象にシミュレーションの初歩的な内容を習得するセミナー・見学会を開催しています。

セミナー実績一部抜粋
  • トップセミナー ~ビジネスチャンスを創出する「京」、産業の未来を拓くポスト「京」~
  • スパコン産業利用シンポジウム
  • スーパーコンピューティング技術産業応用協議会 技術交流会
  • 関西CAE懇話会
  • 学会・展示会などの講演
  • 兵庫「咲いテク」プログラム

→[イベント情報はコチラから]


展示会への出展


財団の活動や高度計算科学研究支援センターの様々な施設の紹介を行い、産業界のスパコン利用の開拓・増加を図るため、展示会・ユーザ会等へ出展を行っています。

出展実績一部抜粋
  • クラウドコンピューティング展<東京>
  • 国際フロンティア産業メッセ展<神戸>
  • 各種ISVベンダーユーザー会<東京・横浜・名古屋>


スパコン シミュレーション利用事例集の作成


産業界におけるスパコン、シミュレーションの具体的利用事例を分かりやすく解説した事例集を作成しています。
これらから、スーパーコンピュータに興味を持って頂き、さらに利用するきっかけになって頂けるよう、配付等行なっております。

 

各事例は、PDFで閲覧できます。

 

これからも役立っていく!コンピュータシミュレーション (第6号)

健康・医療・防災・エネルギーから身近なものづくりまで、様々な場面で活躍しているシミュレーション事例を紹介

2016年4月発行

こんなに役立っているスーパーコンピュータ(2010年版)



















バックナンバー


  • バックナンバー ① (第1号~第3号)は コチラ
  • バックナンバー ② (第4号~第5号)は コチラ

展示コーナーの設置


スーパーコンピュータやシミュレーションに関して、一般の方にもわかりやすいよう幅広く情報提供をするため、高度計算科学研究支援センター内に展示コーナーを整備し、運営しています。

→[展示内容詳細についてはコチラ]

J-FOCUS NEWSの発信

 メルマガJ-Focus_Newsは、財団の事業活動に関連する情報、講習会・セミナー・イベント等の情報、スーパーコンピュータ「京」に関する最新情報等を発信しています。

    配 信 先 : 約2,600(平成27年8月時点)
    配信ペース : 定期配信 月2回(第1、3水曜日)、 臨時配信 月1回程度



→[お申し込みの方はこちらのメールフォームから]

パンフレットの作成

財団活動や施設を紹介するためのパンフレットを作成し、財団紹介パンフレットは年間1万部以上配布しています。

→[ダウンロードはコチラから]


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ