並列Fortranに関するシンポジウムのご案内(第3回)

【日  時】 2017年6月7日(水) 13:00~16:30
【場  所】 TKP品川港南口会議室(東京都港区港南)
【参加費】 無料(懇親会に参加の方は 一般 3,000円、学生 1,500円)

※計算科学振興財団(FOCUS)は、本講演会を協賛しています。

並列Fortranに関するシンポジウムのご案内(第3回)

 
Fortran 2003の言語仕様は、Fortran 95と比較して大幅に改訂されており、オブジェクト指向プログラミングの機能を本格的に取り入れて現代化を図っています。一方で、この機能拡張は仕様の肥大化を招いたためにコンパイラの開発を困難にし、高性能計算を阻害する要因になっている場合もあります。そこで、Fortranのオブジェクト指向プログラミング機能について意見交換ができればと考え、本シンポジウムを企画しました。
オブジェクト指向プログラミング機能を知っている人も知らない人も、既に使ったことがある人もない人もぜひ御参加いただき、Fortran仕様の将来についてもディスカッションできれば幸いです。
 

【開催日】 2017年6月7日(水) 13:00~16:30 
【場  所】 TKP品川港南口会議室
        東京都港区港南2-4-3 三和港南ビル 4F <アクセス> 
【参加費】 無料(懇親会に参加の方は 一般 3,000円、学生 1,500円)    

【主  催】 高性能Fortran推進協議会
【共  催】 自然科学研究機構 核融合科学研究所、理化学研究所 計算科学研究機構
【協  賛】 大阪大学サイバーメディアセンター、京都大学学術情報メディアセンター、神戸大学計算科学教育センター
       筑波大学計算科学研究センター、東北大学サイバーサイエンスセンター、公益財団法人計算科学振興財団

プログラム

※講師・演題等は予告無く変更になることもありますので、予めご了承下さい。


13:00開会
13:05~14:05Fortran ~modernization or cumbersome~
     Project Editor, ISO/IEC Fortran standard / Numerical
     Algorithms Group Oxford/Tokyo
     Malcolm Cohen

Abstract: The Fortran standard has already undergone significant
revision in this(21st)century,and further revision is underway.
The larger changes in Fortran and 2008 will be described,with
their effects on Fortran programming, compilers, and
parallelization. Some of the forthcoming changes in Fortran 2015
will also be mentioned.
   注:本講演のみ英語で行われます
14:05~14:45オブジェクト指向Fortranが拓く(はずだった)新しい世界
     名古屋大学 未来材料・システム研究所
     出川 智啓
概要:Fortran 2003の機能を用いたオブジェクト指向プログラミングについて
紹介する。手続き型で書かれた数値計算プログラムを段階的に変更しながら、
「オブジェクト指向」の考え方や使い方,Fortranでの書き方を示す。また、
Fortranが現代化するために必要な機能や規格,開発環境との関係についても
言及したい。
14:45~14:55休憩
14:55~15:35Fortranで高性能計算 ~その仕様使いますか?~
     宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所
     高木 亮治
概要:JAXAでは、数値流体シミュレーションプログラムの開発を行っているが、
工学的な実利用を目的としているため、複雑な形状および物理現象を対象
とした解析を大規模並列計算機上で実行することが求められる。そのため
複雑化するプログラムを見通し良く、かつ計算性能もできるだけ追求する
かたちで実装するためにオブジェクト指向的な考え方を導入したプログラム開発
を行っている。ここでは開発しているプログラムの概要をFortranの言語仕様の
観点から紹介したい。
15:35~16:35フリーディスカッション
16:35~16:40閉会
17:30~19:30懇親会

お申込み

シンポジウムの詳細とお申し込みにつきましては、こちらをご覧ください。


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ