平成28年度第2回産業用クラウドスパコン利用推進協力会(賛助会員交流会)開催のご報告

 平成29年2月24日(金) 「平成28年度第2回産業用クラウドスパコン利用推進協力会(賛助会員交流会)」 を当財団セミナー室にて 開催いたしました。今回29名の方にご参集いただきました。 

                                      

 * 只今 「 平成29年度FOCUS賛助会員 」 を募集しております。
    詳しくは、こちら をご覧下さい。

:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・

≪ 内  容 ≫
 
.HELYX-SASを用いたLNGプラントの大規模気流解析(日揮株式会社)
 
    日揮(株)からは、LNGプラントの性能を決める空冷式熱交換器においてHot Air Recirculation(HAR)と呼ばれる対策に
    大規模気流解析を用いた事例報告がありました。FOCUSスパコン+ HELYX -SASにより、LNGプラントに吹き付ける風
    (風向・風速)のHARへの影響に関してケーススタデイが容易になったとの説明がありました。オープンソース利用と現
    行既存ソフトを活かしながらの大規模なシミュレーションソフトの選択経緯・指針等につき活発な意見交換がありました。


.FOCUSスパコン上での流体解析におけるiconCFDの並列性能(三菱電機株式会社)

    三菱電機(株)からは、FOCUSスパコン AシステムとDシステムを使用し、オープンソースベースの汎用CFDソフトウェア
    iconCFDの並列性能ベンチマークテスト結果の報告がありました。 解析対象はiconCFDの標準ベンチマークで用いられ
    ているレーシングカーモデルの外部流れとして、メッシュ数、並列数を変更し、繰り返しの計算時間で比較した測定結果
    が示されました。
    討議では、コア数とメモリ容量とのバランス効果やスケ-ラビリティ等に関し活発な質疑・意見交換がありました。

.H29年度FOCUSスパコン利用制度の紹介、
  FOCUSスパコンストレージサービス3種の使い方とFOCUSスパコンと連携可能な外部ストレージサービスの紹介
  (計算科学振興財団) 

     財団からH29年度FOCUSスパコン利用制度の紹介、ならびにストレージサービスに関連したソリューションにつき
     報告しました。

.懇親会
 
     ご多忙にもかかわらず、多数の方に懇親会にご参加いただき、会員相互の交流・情報交換等を
     図っていただきました。


:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・                             



 

今回は2つの講演を核に出席者全員に討論にご参加いただき、非常に有意義なものになったと自負しております。
今後も賛助会員の皆様の交流やご意見を頂戴する場として本会を定期的に開催するとともに、「京」をはじめとするHPCIが
産業界にとって利用しやすい制度となるよう産業界の意見聴取・集約や提言等に積極的に取り組んでまいります。


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ