産業利用への環境整備

HPCIコンソーシアムへの参画―産業界からの意見を集約し提言します

「京」と国内の計算資源を連携して利用するための「革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)」が構築され、運用が進む中、「一般社団法人HPCIコンソーシアム(※1)」は、全国の計算資源とユーザコミュニティを繋ぐHPCIシステムの整備と運用、またその改善に関わる意見集約・提言活動を行っています。

当財団は、産業界コミュニティの代表機関としてHPCIコンソーシアムに参画し、FOCUS賛助会員(※2)の交流会などを通じて把握した企業の意見を集約・提言するなど、「京」を中核とするHPCIシステムが産業界にとって利用しやすい仕組み・システムとなるような活動を行っています。



※1 一般社団法人HPCIコンソーシアムについて、詳しくはこちらをご覧ください。
※2 FOCUS賛助会員について、詳しくはこちらをご覧ください。


「京」の実利用にあたって―産業界からの要望が実現しました


「京」の供用にあたって、一般財団法人高度情報科学技術研究機構(RIST)(※3)が登録機関 (※4)の業務を行っています。

当財団では、同機構と連携協力協定を締結し、互いが有する知見や強みをいかして「京」を中核とするHPCIの産業利用促進を図っています。
(協定締結日:平成24年4月1日)

産業界のニーズに対応した利用形態を提供

  • 「京」の利用可能な計算資源の15%程度(FOCUSスパコンの約4.5倍)を、産業利用分として割り当て
  • トライアル・ユースをはじめ、実証利用(成果公開、無償)、および個別利用(成果非公開、有償)の3種類の利用方法
  • 中規模並列での利用(200ノード以上)(※5)や、知的財産権の取得を行う課題の公開延期

(※3) 一般財団法人高度情報科学技術研究機構については、こちらをご覧ください。
(※4) 登録機関: 国や研究機関が設置する大型研究基盤施設(「京」を含む)の利用者選定や利用支援などの業務を行う機関
(※5)1ノードは8コア


 

 「京」の産業利用における利用方法の種類

 

産業界のために、トライアル・ユース制度が設けられています。

各社の利用課題に「京」が適用可能かを判断した後に、本格利用(実証利用・個別利用)を行うことができます。

 

利用研究課題の種類特徴公募回数利用費用成果公開
トライアル・ユース自社の課題をHPCI共用計算資源で試行し、利用可否を判断随時受付利用期間は6か月無償 (最大5万ノード・時間積の制限有)公開
(システムの利用情報、システム情報および成果が得られなかった場合の理由)
実証利用高並列シミューション技術の有効性・有用性を自社の産業課題で実証年2回原則無償成果報告書により公開
(利用者名、利用目的、成果概要、実施期間、ソフトウェア利用情報、システム情報等)成果に基づく特許、論文発表、学会発表の実績リスト等
個別利用機密性の高い自社の産業課題を自社の費用負担で実施随時受付利用期間は最長1年有償成果の内容(利用目的や成果概要など)は非公開
  • トライアル・ユースの実施後の個別利用や、最初から個別利用など、各社のニーズに合致した形態で、利用申請を行うことができます。

ご利用についてはこちらをご参照ください。
「京」トライアル・ユース利用研究課題募集案内はこちらをご覧ください。

企業においては「京」の一般利用のほか、「京」以外のHPCI共用計算資源の産業利用が可能です。
 
 


HPCIアクセスポイント神戸を設置


アクセスポイントは、「京」を含むHPCIの産業利用のために関東と関西の2ヵ所に設置されたHPCIシステムの利用拠点です。
『「京」施設内と同様の動作環境で、秘匿性を保ちつつ「京」を利用したい』といった産業界のニーズに対して、理想的な「京」の利用環境の構築・提供を目指しています。


  • 「京」と高速回線で直結した利用端末とワークステーションを無償で利用できます。
  • 作業用個室には、電子錠と物理錠の二重の扉を配し、部外者の侵入を24時間モニターで監視。高いセキュリティを確保。
  • 専門の技術スタッフが常駐し、きめ細かな利用支援が受けられます。

HPCIアクセスポイント神戸について、詳しくはこちらをご覧ください。


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ