研究教育拠点(COE)の形成推進

研究教育拠点(COE)形成推進事業に係る研究助成について

事業概要

趣旨

ポスト「京」の立地効果を最大限に活用し、防災・減災や創薬など地域の課題解決等に資する分野において、ポスト「京」を活用した最先端の研究への助成を行うとともに、研究成果の地域への還元を図るための普及啓発を通じて、ポスト「京」を中核とする計算科学分野の研究教育拠点(COE)の形成と、計算科学分野の振興を図る。
 

助成対象とする研究テーマ

次の1~2 の両方に該当するもの


  1. ポスト「京」を中核とする計算科学・計算機科学の研究教育拠点の形成に資する研究で、原則としてポスト「京」の活用が相当程度の確度を持って見込めるもの
  2. 地元の大学・研究機関・企業等との連携や地元への成果還元など、地元への貢献が可能な研究

事業期間

平成29年度~平成36年度(予定)
  


研究課題の審査


  • 理化学研究所計算科学研究機構の推薦する研究課題について、外部有識者を含む審査委員会で審査を行った。
  • 審査の結果、助成対象として、以下の6件の研究課題を採択した。
研 究 課 題 名.       研 究 代 表 者       .
1ポスト「京」、ポスト・ポスト「京」をみすえたハードウェア・
アルゴリズム・ソフトウェアの総合的研究
粒子系シミュレータ研究チーム
牧野 淳一郎
2シミュレーションと実験の協働による強相関人工光合成系の実現量子系分子科学研究チーム
中嶋 隆人
3複数の災害リスク評価に基づく都市計画に資する計算
科学研究
複合系気候科学研究チーム
富田 浩文
4テンソルネットワーク(TN)スキームに基づく異分野融合型
計算科学研究
連続系場の理論研究チーム
藏増 嘉伸
5ハイパフォーマンスコンピューティングによる構造生物学の革新計算構造生物学研究ユニット
TAMA Florence
6分子シミュレーションに基づくゲノム医療・ゲノム創薬基盤
の構築
量子系分子科学研究チーム
中嶋 隆人

事業及び各研究課題の概要は以下のPDFをご覧下さい。 
 









  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ