高度並列化推進枠の公募について

計算科学振興財団では、高度並列化推進枠でのFOCUSスパコン利用課題を募集いたします。

1 公募の概要

1-1 目的・性格

高度並列化推進枠は、公益財団法人計算科学振興財団(FOCUS)に整備された産業界専用のスーパーコンピュータ(FOCUSスパコン)のD,Eシステムの一部、各16ノードを平成26年度内に高度な並列化を実施する課題に提供し、高並列化が必須のスーパーコンピュータ「京」の産業利用の促進を図ると共に「京」の100倍の性能を持つ次世代機(エクサ級)で中核アーキテクチャと予想されるメニーコア演算装置の利用技術の推進を図るためにFOCUSが設けた利用制度です。

1-2 高度並列化推進枠に関する規則

高度並列化推進枠での利用にあたっては、公益財団法人計算科学振興財団スーパーコンピュータシステム利用規程(平成26年4月1日施行、以下、利用規程)ならびに公益財団法人計算科学振興財団スーパーコンピュータシステム利用契約約款(平成26年4月1日施行、以下、約款)に定める規則の遵守をお願いします。本枠に採択された課題は弊財団と約款とは別の利用契約を交わしていただきます。なお、その利用契約において大きく異なる点は、下半期において高度並列化推進枠の継続条件を設け、Dシステム利用で月間平均並列数256以上を満たさなければ契約を解除する、としていることです。

1-3 応募から利用開始までのスケジュール

高度並列化推進枠における利用課題の応募から利用開始までのスケジュールは以下の通りです。
募集期間 3/14(金)~3/31(月)
審査期間 4/1(火)~4/7(月)
利用開始 4/15(火)

2 公募の内容及び応募方法

詳細については、こちらをご覧ください。

3 問い合わせ先

〒650-0047 兵庫県神戸市中央区港島南町7丁目1番28号
計算科学センタービル1階 公益財団法人 計算科学振興財団 運用課
Tel:078-599-5025 FAX:078-303-5611
E-mail: request [at]j-focus.or.jp ([at]を@に変更して下さい)


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ