GPU搭載共用フロントエンドサーバ共用開始のお知らせ

(2017.09.19) 

FOCUSスパコン利用者各位

平素はFOCUSスパコンをご利用いただき誠にありがとうございます。

本年4月にGPU搭載演算サーバ(Fシステム2ノード)の共用を開始いたしましたが、
加えて本日(9/19)からGPU搭載共用フロントエンドサーバを導入し共用を開始いたしました。

これまで、GPU対応ソフトウェアのコンパイルの実行につきましては、
演算サーバ(Fシステム/GPU搭載ノード)にバッチジョブとして投入し実行して
いただいておりましたが、この度のGPU搭載共用フロントエンドサーバの導入により
対話処理でのコンパイルの実行も可能となりました。
これまでと同様に共用フロントエンドサーバは無償でご利用いただけますので、ぜひご活用ください。
なお、ジョブ投入等の一般的な利用はこれまでどおり ff01/ff02 をご利用ください。

・共用開始日
 9月19日(火) (すでに利用可能です)

・ホスト名
 fgpu1

・ハードウェア構成
 CPU     :Core i7 7700K 4core/8thread 4.2GHz
 コア数   :4
 メモリ   :64GB
 HDD     :SSD 480GB 、HDD 2TB
 ビデオカード:NVIDIA Quadro P1000
 ネットワーク:Gigabit Ether
 OS     :CentOS 6.9

・ログイン方法
 SSH鍵交換方式 : ログインサーバからホスト名(fgpu1)を指定してください。
 SSL-VPN接続経由: ホスト名(fgpu1)を指定してください。

・cuda環境設定方法
    fgpu1 へログイン後、module コマンドにてcuda-8.0 をロードしてください。
 例)$ module load cuda-8.0

・利用範囲(既存共用フロントエンドサーバ(ff01/ff02)と同じです)
 共用フロントエンドサーバでは、プログラムの開発、小規模な解析・デバッグ、
 小規模なプリポスト処理の実行が許可されます。
 ユーザーは下記の範囲での実行が可能です。
 ・CPU時間   1時間  (1時間で強制終了となります)
 ・プロセス数 1プロセス(並列実行、複数プロセスの起動は禁止です)
 ・利用メモリ 1GB程度  (小規模処理のみ許可)
 上記範囲を越える場合は、バッチ処理により演算ノード上でジョブを実行してください。


<本件に関するお問い合わせ先>
OKBizからお問い合わせください
https://secure.okbiz.okwave.jp/focus/


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ