平成28年度利用サービスについて

FOCUSスパコン利用者各位

平素はFOCUSスパコンをご利用いただき、誠にありがとうございます。

FOCUSスパコンは年度初めのメンテナンスを完了し、
4月12日から平成28年度の運用を開始しました。
今年度の利用サービスについて、以下のとおりご連絡いたします。

1) クラウドストレージサービスの提供開始
2) 期間占有利用申請書式の変更
3) A、Dシステム並列割引単価区分の変更
4) Eシステム利用料金の値下げ
5) Gシステムの新設
6) 専用フロントエンドサーバ Heavyの廃止
7) Gaussian 09 定額利用サービスの開始
8) Gaussian 09 有償サポートの開始
9) 期間占有ポリシーの設置

上記3)~9)のご案内については、1月20日ご案内のとおり変更はございません。



1) クラウドストレージサービスの開始

ご利用者から要望がありましたクラウドストレージサービスを開始いたします。
加えて、/home2をアーカイブ用途で利用されている方には
/cloud1の利用への移行を推奨するために導入いたしました。

/cloud1は/home2と同様に申請により追加オプションとしてご利用できます。
/cloud1は通常のファイルシステムとしてフロントエンドサーバにマウントされますが、
100Mbpsの通信帯域のため、/home1(10Gbps)や/home2(40Gbps)の
バックアップ・アーカイブ領域としてご利用ください。
本サービスの概要は、以下のとおりです。

・構成
クラウドストレージは計算科学センタービル(データセンターファシリティスタ
ンダード [ http://www.jdcc.or.jp/facility/index.html ] ティア1)から
専用線で接続された日本国内のデーターセンター(ティア3)に設置されています。

・マウント構成
フロントエンドサーバに /cloud1/gxxx (xxxは課題名)としてマウントされます。
演算サーバにはマウントされません。

・通信帯域
専用回線を通じて全体で100Mbpsです。
ただし、通信帯域は/cloud1全利用者で共有するため、
I/O性能は自身も含めた/cloud1全利用者のI/O状況に依存します。

・利用料金
300円/10GB・月 (月の途中から申し込んでも1か月分課金)

・申込方法
OKBiz から申込をしてください。
「質問・依頼の登録」>「ストレージ容量変更」 にあります
問合せ事項(課題名、容量等)をご記入のうえ、申し込んでください。
その際、「内容・備考」には/cloud1の変更であることが
わかるように記載してください(例「/cloud1 の変更」)。
利用開始予定日の3業務日前までにご連絡ください。

・賛助会員特典
賛助会員特典として、賛助会員費1口あたり1TB、
/home2と/cloud1 をあわせて最大2口(合計2TB)まで追加可能です。
(特典適用例1) /home2 1口  /cloud1 1口
(特典適用例2) /home2 2口  /cloud1 0口
(特典適用例3) /home2 0口  /cloud1 2口
 アーカイブ用途のため、/home2と/cloud1を
それぞれ1口ずつ割り当てられること(特典適用例1)をお勧めします。

今年度/home2へ特典割当を申請済みの課題で、/cloud1への割当への
変更を希望される方は、OKBizもしくは、メールにて業務運用グループまでご連絡ください。

・利用方法
「FOCUSスパコン利用の手引」ページ [ http://www.j-focus.jp/user_guide/ ]
>「2.5. クラウドストレージの利用方法」をご参照ください。


2) 期間占有利用申請書式の変更
今年度から期間占有(月単位、年度単位)及び専用フロントエンドサーバの
ご利用にあたり、従来の「契約書」は廃止いたしました。
ご利用の際は、
「提出書類・規程・約款」ページ [ http://www.j-focus.or.jp/focus/documents.html ]
>「(様式4)平成28年度FOCUSスパコンシステム期間占有利用申請書」をご提出ください。



以下、3)~9)のご案内については、1月20日にご案内のとおり変更はございません。
また、各項目の詳細利用料金については、
「利用料金」ページ [ http://www.j-focus.or.jp/focus/fee.html ]をご参照ください。


3) A、Dシステム並列割引単価区分の変更
Aシステムは17ノードから、Dシステムは9ノードから並列割引を適用します。
Dシステムについては、並列割引の範囲及び割引率を拡大いたしました。


4) Eシステム利用料金の値下げ
Eシステムのノード・時間あたり単価を値下げしました。
平成28年度 300円(平成27年度 600円)


5) Gシステムの新設
前年度までデバッグノードとして運用していましたGシステムは、
従量及び期間占有利用ノードとし、デバッグノード運用を廃止しました。
利用料金はノード・時間あたり 200円です。


6) 専用フロントエンドサーバ Heavyの廃止
専用フロントエンドサーバ Heavyの提供を廃止いたしました。
専用フロントエンドサーバは、Fat, Medium, Thin, Light をご利用ください。
各フロントエンドサーバ構成・詳細スペックに関しては、
「利用料金」ページ [ http://www.j-focus.or.jp/focus/fee.html ] をご参照ください。

>「フロントエンドサーバ」
>「各専用フロントエンドサーバ詳細」(PDF)


7)Gaussian 09定額利用サービスの開始
Gaussian 09の利用について、これまでの従量制(1ノード・時間相当あたり 120 円)に加え、
1か月、四半期、半期、年度毎の定額利用サービスを開始いたします。
お申し込みいただいた期間内で利用量に関わらず定額でご利用いただけます。
なお、計算機資源(A―Gシステム)は、別途利用料金がかかります。


8) Gaussian 09 有償サポートの開始
Gaussian 09について、有償サポートのサービスを開始いたします。
初心者向けプラン、中級者向けプラン、上級者向けプランを提供いたします。
各プランの内容については、
「利用料金」ページ[ http://www.j-focus.or.jp/focus/fee.html ]をご参照ください。


9)期間占有ポリシーの設置
予約の上限、キャンセル等に係る取扱いを「期間占有ポリシー」として新たに規定いたしました。
「規程・約款等」ページ[ http://www.j-focus.or.jp/focus/documents.html ]
>「FOCUSスパコンシステム期間占有利用ポリシー.pdf」をご確認ください。



<本件に関するお問い合わせ先>
公益財団法人計算科学振興財団 業務運用グループ
E-mail:unyo[at]j-focus.or.jp ([at]を@に変更して下さい)



  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ