平成28年度利用料金体系(案)のご案内

※ 平成28年1月26日 追記
ご案内当初、Gシステムのノード間接続を「1Gbps」と記載しておりましたが、
スイッチをアップグレードし、「10Gbps」でのご提供が可能となりましたので訂正いたします。


FOCUSスパコン利用者各位

平素よりFOCUSスパコンシステムをご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

平成28年度FOCUSスパコン利用料金体系(案)について、ご案内いたします。

<主な変更点>
・Aシステム並列割引単価区分の変更
・Dシステム並列割引単価区分の変更
・Eシステム利用料金の値下げ
・Gシステムの新設(平成27年度はデバッグ用、下記スペック参照)
・専用フロントエンドサーバ Heavyの廃止
・Gaussian 09 定額利用の導入(従量利用は従来どおり)
・Gaussian 09 有償サポートの導入

利用料金体系の詳細については、別添の利用料金表および新旧対照表を
ご参照ください。

なお、理事会等により一部変更になる可能性がありますので、予め
ご了承ください。

また、平成28年度FOCUSスパコン利用申請手続については、1月中にご案内
いたします。


【Gシステムハードウェア構成】

インテル製 「Xeon Phi 5110P」(1基あたり60コア)をノード1台あたり1基搭載。
ノード内12コアを利用した共有メモリ並列から、Gigabit Ethernetで接続された
ノード間分散メモリ並列、それらを組み合わせたハイブリッド並列に利用可能。

・ノード数:   4ノード
・ノード間接続: GbEthernet ( 10Gbps)
・ノード性能:
    ・コア数
    CPU             12 コア (Intel Xeon E5-2640 (2.5GHz) ×2CPU)
       コプロセッサ      60 コア (Intel Xeon Phi 5110P ×1基)
  ・メモリ         64 GB
  ・ストレージ容量  1,000 GB


その他各システムのスペックなど詳細につきましては、FOCUSスパコン利用の
手引きをご参照ください。
http://www.j-focus.jp/user_guide/ug0001000000.html#ug0001010000


<本件に関するお問い合わせ先>
公益財団法人計算科学振興財団 業務運用グループ
E-mail アドレス:unyo[at]j-focus.or.jp ([at]を@に変更して下さい)


資料ダウンロード



  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ