産業利用セミナー(神戸)

計算科学振興財団は、「産業利用セミナー ~これからの”モノづくり”を支えるコンピュータ・シミュレーションとは!~」を開催し、好評のうちに終了いたしました。92名が参加されました。

第6回 トップセミナー産業利用セミナー

これからの”モノづくり”を支えるコンピュータ・シミュレーションと は! 

 

 

日  時: 2014年7月24日(木)13:30~16:00
場  所: 神戸商工会議所 3階会議室(神戸市中央区港島中町6-1)
参加費: 無 料(コーヒーブレイク交流会付)
対  象: 中堅・中小企業の経営者層など
定  員: 70名

主  催: 神戸商工会議所、公益財団法人計算科学振興財団

後  援: 独立行政法人理化学研究所計算科学研究機構、兵庫県、神戸市、公益社団法人関西経済連合会、
      スーパーコンピューティング技術産業応用協議会、特定非営利活動法人CAE懇話会

開催報告写真

基調講演 「シミュレーションがモノづくりを強くする」
 川崎重工業株式会社 執行役員・技術開発本部 副本部長 河野 行伸 氏


事例発表1 「学校給食用“磁器食器”の強度向上シミュレーション」 
 長崎県窯業技術センター 専門研究員 秋月 俊彦 氏


事例発表2 「鉄道車両用緊急脱出はしごの安全性シミュレーション」
 特殊梯子製作所有限会社 寺本 之弘 氏


開催趣旨

めざましいコンピュータの普及・発展は、ビジネスの世界に大きな影響を与え続けています。なかでも、モノづくり業界では、コンピュータ・シミュレーションを活用した製品・商品開発の時間短縮やコスト削減等が注目を集めるなど、ビジネス環境が大きく変わろうとしています。このたび神戸商工会議所と当財団は、地元中堅・中小企業の経営者向けに、モノづくり分野におけるシミュレーションの活用について、企業事例を交えて分かりやすく解説するセミナーを開催致しますので、ご関心のある経営者並びに開発責任者の皆様には奮ってご参加いただきますようご案内申し上げます。

プログラム

【第1部】 シミュレーション技術が切り拓く成長への可能性

.

13:30~13:50主催者講演『シミュレーション技術の産業利用促進活動について
~中堅・中小企業への裾野拡大~』
 講師: 公益財団法人計算科学振興財団 技術顧問 福田正大
 内容: FOCUSのスパコン利用促進活動と裾野拡大施策について
13:50~14:30基調講演『シミュレーションがモノづくりを強くする』
 講師: 川崎重工業株式会社 執行役員・技術開発本部 副本部長 河野 行伸 氏
 内容: ①製品開発のプロセスとシミュレーションの効用
      ②シミュレーション活用事例 ③モノづくり力向上への期待
14:30~15:00休 憩・名刺交換会

.

【第2部】 企業事例の紹介

.

15:00~15:30事例発表 1 『学校給食用“磁器食器”の強度向上シミュレーション』
 講師: 長崎県窯業技術センター 専門研究員 秋月 俊彦 氏
 内容: 地元の三川内焼きをはじめ、給食用の磁器食器に求められる衝撃に対
      して破損しにくい形状を計算し、実用化に至った事例の紹介
15:30~16:00事例発表 2 『鉄道車両用緊急脱出はしごの安全性シミュレーション』
 講師: 特殊梯子製作所有限会社 寺本 之弘 氏
 内容: 使用時を想定したはしごの弾性応力・ひずみ解析を行うことで、取引先
      に安全性を解説することができた事例の紹介
企業展示

セミナー会場内に企業展示コーナーを設けました。

◆事例発表企業による展示◆

長崎県窯業技術センター形状により強化した三川内焼給食用強化磁器食器(おんりー碗)
特殊梯子製作所有限会社自社案内パンフレットおよび兵庫県工業技術センターのご紹介

.
◆シミュレーション関連企業による展示◆

アイクラフト株式会社FOCUSスパコンスタートアップサービスのご紹介
株式会社ヴァイナス株式会社ヴァイナスのコンサルティング・製品のご紹介
株式会社CAEソリューションズOpenFOAMをあらゆる角度からご紹介致します
株式会社フォーラムエイト自社HPCサービスによる産業利用を行っています
お問合せ先

神戸商工会議所 地域政策部
TEL:078-303-5800



-----------------------------------------------------------------------------------------------------


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ