Pythonを使ったマテリアルズ・インフォマティクス講習会

【日 時】 第1回: 7月 7日(金)13:00~16:15 (受付開始 12:30 )
       第2回: 9月29日(金)13:00~16:15 (受付開始 12:30 ) 
【場 所】 高度計算科学研究支援センター(計算科学センタービル)
【参加費】 無 料
【定 員】 20名
  

※ 計算科学振興財団(FOCUS)は、本講習会を共催いたします。

Pythonを使ったマテリアルズ・インフォマティクス講習会

材料開発・研究に情報科学を取り入れるマテリアルズ・インフォマティクスが注目されています。
NIMS情報統合型物質・材料開発イニチアチブ(MI2I)を中心にした4機関は、「Pythonを使ったマテリアルズ・インフォマティクス講習会」(2回シリーズ)を、以下の通り神戸で共同開催します。端末にインストールされたPythonベースのデータ解析ソフトとテスト用データセットを使った演習から、データ駆動の基礎を理解することを目指します。

開催概要

【日 時】 第1回: 7月 7日(金)13:00~16:15 (12:30 受付開始)
       第2回: 9月29日(金)13:00~16:15 (12:30 受付開始) 
【場 所】 高度計算科学研究支援センター(計算科学センタービル) アクセス
【参加費】 無 料
【定 員】 20名

【主 催】 国立研究開発法人 物質・材料研究機構
       国立研究開発法人 科学技術振興機構
       計算物質科学人材育成コンソーシアム
       公益財団法人 計算科学振興財団

プログラム

Pythonによるモジュールscikit-learnを主として用い、回帰分析、次元削減、分類、クラスタ分析についてマテリアルズ・インフォマティクスを題材とした実習を行います。プログラミングによる情報処理の第一歩としてのscikit-learnの具体的な使い方を解説します。
 

第1回  7月7日(金)
12:30受付開始
13:00-  ・Python説明 (座 学)
・回帰分析 (端末を使った演習)
・次元削減 (端末を使った演習)
16:15終 了
第2回  9月29日(金)
12:30受付開始
13:00-・Python復習 (座 学)
・分類 (端末を使った演習)
・クラスタ分析 (端末を使った演習)
・総括
16:15終 了
申込み方法

Webにて参加資格をご確認の上、メールでお申込み下さい。

申込締切: 第1回 6月30日(金)、 第2回 9月22日(金)

問合せ

国立研究開発法人 物質・材料研究機構 統合型材料開発・情報基盤部門
情報統合型物質・材料研究拠点運営室
電話:029-859-2472 
E-Mailはこちら


  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ