先端的ソフトウェアのトライアル利用

先進的ソフトウェアの一つであるFrontFlow/blue(FFB)(※1)の利用促進をめざし、開発者である東京大学生産技術研究所革新的シミュレーション研究センター(CISS)、ソフトウェア普及事業者、当財団が連携・協力しながら、以下の活動を展開しておりますので、ぜひ、ご利用を検討いただくとともに、ご協力をお願い申し上げます。

FFBの利用促進に向けた活動内容
  • ソフトウェアの利用講習会の開催
  • ソフトウェアのトライアル利用環境の提供
  • 企業訪問によるソフトウェア等のPR
  • ソフトウェアに対する産業界意見のフィードバック

利用講習会の開催

FOCUSスパコンと会場内PCをリモートで接続し、一般企業の利用環境と同様のネットワーク環境を使用した講習会を開催します。
メッシュ生成から、計算実行、ポスト処理まで、研究開発・設計現場でのクラウドコンピューティング環境を利用したCFD設計実務の一連の作業をご体験いただくことができます。
平成25年度の開催が決まりましたら、ご案内いたします。

実習内容
  • PointWiseによるメッシュ生成
  • FrontFlow/blueでの非定常流れ場解析
  • FrontFlow/blue-ACOUSTICSでの音響解析
  • FieldViewによる大規模解析可視化

トライアル利用

FrontFlow/blueのパフォーマンスをお試しになりたい方は、FOCUSスパコン上で前処理から解析、後処理に至るまでを一連の流れで試用いただけます。
ソルバーであるFrontFlow/blueに加え、プリ・プロセッサ(PointWise)、ポスト・プロセッサ(FieldView)、をFOCUSスパコン上の東京大学生産技術研究所の占有エリアにインストール済であり、ご利用の方はサイトやシステムを移動することなく作業を行うことができます。
トライアル利用は随時受け付けする予定であり、計算資源利用の費用負担も発生しませんので、お気軽にご利用いただくことができます。

利用方法・サポート方法

現在、検討中です。詳細が決まりましたら、ご案内いたします。

※1 「京」において利用可能なLES(Large Eddy Simulation)に基づく汎用流体解析ソフト
   非定常流れの高精度かつ短時間での予測が可能であり、主にターボ機械内部流れや空力騒音の予測において数多くの実績があります。

ソフトウェアの詳細については、こちらをご覧ください。




  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ