財団について

設立趣旨


スーパーコンピュータ「京」の活用を図るため、研究開発や産業利用の推進ならびに広く普及啓発を行うことにより、計算科学分野の振興と産業経済の発展に寄与すること。


活動概要


平成20年の設立以降、地元の主要大学や経済界との密接な連携・協力のもと、産業利用の推進や、普及啓発に係る事業を着実に実施しています。平成22年度までの3年間の活動では、企業コンサルテーションにより潜在的なHPC利用需要を掘り起こすとともに、企業のシミュレーション技術の高度化を支援しました。また、実践スクールや研究会などを通じて、企業技術者のHPC技術の習得・向上に貢献し、コミュニティ形成に向けた基盤の構築を行ってきました。
平成23年度からは、高度計算科学研究支援センターを活動のインフラとして、より本格的に事業を展開しています。また、平成24年9月には「京」を中核に国内の主要なスパコン(大学・独立行政法人等)をネットワークで結ぶHPCIの共用が始まり、財団では、利用拠点の運営や運用方針の改善に向けた提言など、産業利用の促進に努めています。平成25年度からは、公益財団法人として計算科学分野の振興のための各種の公益事業を引き続き展開していきます。
                   ※HPCI:革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ


沿革


平成20年1月兵庫県、神戸市、神戸商工会議所の出捐により財団を設立
平成20年4月関西の経済団体主導により、財団の活動を支援する次世代スーパーコンピュータ利用推進協議会(利推協)
を設立
平成21年4月技術支援コーディネータ等の専門スタッフを増員し企業の技術支援活動を開始
平成22年5月スーパーコンピューティング技術産業応用協議会と「HPC 産業利用スクール」による
企業向け教育プログラムで連携開始
平成22年8月革新的ハイパフォーマンス・コンピューティング・インフラ(HPCI)の構築を主導する準備段階における
コンソーシアムへ産業界のユーザコミュニティ機関として参画
平成22年9月神戸大学と人材育成プログラム「企業を牽引する計算科学高度技術者の養成」で連携開始
平成23年1月高度計算科学研究支援センターを竣工、2月に事務所を同支援センター内に移転(現住所)
平成23年3月独立行政法人科学技術振興機構(JST)の地域産官学共同研究拠点整備事業による
FOCUSスパコン調達を完了
平成23年4月高度計算科学研究支援センター開設
産業界向けエントリースパコン「FOCUSスパコン」の利用サービスを開始
平成23年11月兵庫県立大学(大学院シミュレーション学研究科)と企業の技術高度化のための連携協力協定を締結
平成24年4月一般財団法人高度情報科学技術研究機構(RIST)と連携協定締結
平成24年9月HPCIアクセスポイント神戸を開設
平成25年4月内閣府認定の公益財団法人に移行
平成25年4月東京大学生産技術研究所と連携協定締結
平成26年1月「FOCUSスパコン新システム」を増設し、利用サービスを開始
平成26年4月利推協から賛助会員制度へ移行
平成27年3月産業用スパコン利用相談センターを設置
平成27年4月研究部門を設置、9月に文部科学大臣から研究機関に指定

組織



役員


定款



  • 産業用スパコン利用相談センター
  • 「京」 利用研究課題の募集
  • 計算科学研究機構 (AICS)

RSS

このページの先頭へ